タイムレコーダーは従業員の入退出に利用しています

タイムレコーダーは英語ですが時間を記録するのに大企業のメーカーなどで使われている電動式タイマー記録計と理解すれば良いと思います。大企業の工場などでは従業員が多い事から各従業員の入退出を記録に残して、給与締切日に総務関係の部署の従業員が各社員の給料計算をしなければなりません。大企業の工場は地方にも存在しますので、それらを本社で一括処理する事は神業で出来る訳がありませんが工場ごとに別けて従業員の給料計算をしています。工場ごとに各従業員の給料計算をしますが本社の賃金規定で統一されていますので働く場所が異なるだけで1箇月の賃金は残業などだけがプラスあるいはマイナスされる計算となりますので各従業員により異なります。

1工場でも大企業では数万人になる人が雇用されていますが、その各人を入退出の管理をするとなれば人件費が膨大になることは明白になります。このような大企業のタイムレコーダーの導入以前は各人が印鑑を出勤簿に押印していたと考えられます。総務の部署の担当者数も多かったに違いありません。また仕事量が多く大変な苦労をしたわけですがタイムレコーダーの導入で労力を少なく、担当者を少なくできて給料計算する事が出来ました。この機械は工場では入り口に設置し時計の代わりにもなっていますのでカード記録計を各人が差し込み口に差し込めば時間が刻印されるようになっています。門の閉鎖時間が来ますと総務担当者がカードを回収し個人ごとの入退出を別の帳面に記録を残し、給料締切日には帳面を参考にして給料計算をし、あるいは各人のカードだけを使って計算もできますが、いずれかの方法で給料計算の資料になることです。

近年は不正をする者が現れているようですが遅刻する場合に同僚にカード挿入を依頼することで、給料から差引されるのを防ぐという不正な手段が発覚している事件が起きています。退出の場合は同僚に依頼する事は不正と明白になりますので相手は同意する事は考えられませんのでないという事になります。不正者が多い企業では損失になりますので、その辺りを、どのように管理するのか問題になっています。現代はコンピュータの時代ですのでコンピュータに掛けることが出来る用紙を用いて各人が退社の時間に鉛筆を用いて該当箇所をラインで記を付けて、その日に提出させる方法を採っている企業がありますが現代では、この方式が最新となっていますのでコンピュータ処理できますので人件費が安く間違いが殆どないという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です