タイムレコーダーは頑丈なものを利用する

機械関係のものは、一定の高さから落とすと故障することがあります。ノートパソコンなどでもたまに机から落としてしまう事があります。そのときは一瞬血の気が引きますが、無事起動していてほっとするということになります。ノートパソコンに関しては、いろいろな用途で使われるため、非常に頑丈なものもあるということです。建設現場などでも使えるようになっているものがありました。落下はもちろん、水にぬれても全く問題なく起動していました。その分価格は高いです。さらにその機種のバージョンアップを待たないといけないので、今後もその製品を作り続けてくれるかどうかは不安なところです。でも一定の需要があるということですから、作られるでしょう。落としやすいというものは、いろいろと工夫がされていることがあります。携帯電話に関しても、以前よりもかなり頑丈になっています。発売する当初は、通常利用のみが重視されますが、ある程度時間がたつようになると、より実質的な面に注目がいくということでしょう。簡単には壊れにくくなるということです。使うものがどのように使われれるかということを考えて購入するということになります。ずっと据え置いて使うのであれば、落とすことはないでしょうし、動かしながら使うということであれば、落とす可能性があるということです。

また、使い方が荒くなったり、多くの人が共用するという場合においても、気をつけなければいけないことがあります。タイムレコーダーといいますと、通常は据え置いておくことになります。ですから落としたりしないように思いがちです。でも従業員の多くが利用する機械です。また、遅刻ぎりぎりという場合、かなり急いで利用することになります。そのときに慌てて台などから落としてしまうということがあります。

またカードを無理やり押し込もうとする人もいます。多くの機種においては、軽く差し込めば勝手に吸い込んで打刻をしてくれます。でも慌てていると、普段はとらない行動をしてしまうということです。こちらの機械については、故障すると非常に困るものです。従業員の出退勤がわからなくなってしまいます。ですから、丈夫なものを用意するようにします。また、必ず予備の機械を用意しておきます。故障したときは、そちらに変えて利用していくようにします。そうすれば、従業員の状況がわからなくなるということを避けることができます。カードを変更する必要が出てくることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です